スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リリイ・シュシュのすべて 

リリイ・シュシュのすべて 通常版
リリイ・シュシュのすべて 通常版


『花とアリス』同様、これも岩井俊二ファンの友人から観せてもらった映画です。『花とアリス』を観た後だったので期待してしまい、友人の「暗いぞ」という忠告を無視して観てしまったことを激しく後悔しました。
ボロクソに書きますので好きな人は続きを読まないでプリーズ。

クリックにご協力ください
で、感想ですが。

一言で言ってしまえば僕からすれば非常に「不快」な映画です。
リアルな14歳だの深いだの心がかき乱されるだのと大絶賛している人も多いようですが、僕には不快なだけでした。

少年犯罪やレイプやイジメ、その時の時事ネタを使って多感で繊細な14歳という時期の心情の移り変わりを、映像美とドビュッシーの旋律に乗せて、とことん悪趣味に生々しく救いなく描いてるというそのインテリぶった姿勢に反吐どころかウンコもれそうでした。しかも下痢。アホか。キモイんじゃ。てかドビュッシー好きだから使うなよ。

映画のデキとか関係なくね、こんなもんに共感してしまったらダメですよ。ファックファック。

というわけで最悪。誰が何と言おうとこれだけは最悪。
友人の忠告を無視したのを後悔しました(2回目)。
乱文失礼いたしました。
スポンサーサイト

コメント

自己レス

記事をみると批評のつもりなのに思い切り感情論になっていることに気付きました。

もう少し冷静に補足を。
この映画で一番残念だったのは、リアルさ、混沌とした(善が悪になったり、そのまた逆も然り)世界、不条理さ、無力さを追求するあまり、客観的になりすぎているのがどうしようもない不快感の原因だと思う。

もう少し希望というか光というか、監督の主観的なものがわずかでも入っていればすごく考えさせる映画になったと思う。

もし、ひたすら無責任に客観的に描くのが監督の理想であり答えだったならば、それは映画ではなくドキュメンタリーだと思うし、何より誰に向けて何を伝えたいものなのかますますわからなくなる。

そういうわけで、やっぱりどういう想いでこの映画を作ったのかやっぱり僕には理解できない。

「リリーシュシュのすべて」を見た直後の感想は私も同じでした。ただ、やっぱり岩井俊二はスゴイ!と実感したのも事実です。良くも悪くもこんなに惹かれるなんて恐い映画です。後付けは意味がありませんが、後から考えると色々な仕掛けが分ってきて、もう一度見てもいいかなと思っているところです。

ひとつリアルな所はむしろ「救いが無い」という所ではないでしょうか?

「花とアリス」をブログ検索してココにお邪魔したわけですが、「リリーシュシュ」を熱く語ってしまいました。スイマセン。

私もブログで少し書いているので、よかったら遊びにきて下さい。

>>レニさん

ありがとうございます。
BLOG、拝見させていただきました。

自分はこの映画の深さや狙いは多少理解しているつもりです。その上で出した答えが、やっぱりこの映画は嫌いだ!(すいません・・・)なので、どうしても否定的になってしまいますが・・・。

むしろコレを観た人が拒絶反応を起こすのも監督の狙いだったのでしょう。そして、そこから何か感じ取ってほしかったのかもしれません(都合の良い考えですが)。

作品としての質は自分も素晴らしいなと思いました。

つうか一番悪いのは率先して観てしまった自分なんですけどね・・・ハハ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://footsoldier.blog3.fc2.com/tb.php/60-dd0d90c9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。