スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校サッカー 

yasu.jpg

いやはや良い決勝でした。
互いのチームコンセプト的にも絵になるというか。
安易な言い方をしてしまえば、システムvsクリエイティビリティというか。
それでいて最後は野洲が勝ってくれたんで言うことなしです。
あの決勝ゴールはもうたまんねぇ。
攻撃はもちろんのこと、野洲は守備もスゴイ良かったです。
プレスもそうなんですけど、何より引いた時の守り。
鹿実の猛攻を必死に耐え抜いた粘りといいますか。
野洲が繋ぐだけのチームだったら優勝は無かったと思います。
「気持ちで守る」とはこのことかと思い知らされました。

でも鹿実も流石に凄かったです。
正直、野洲が先制点決めた時に自分は野洲の優勝を確信してました。
ここまで鬼のようなプレスサッカーで無失点を続けてきた鹿実に
とって、先制点ほどメンタル的にもフィジカル的にもキツいもの
はないと思ったからであります。
しかも前半からあんだけ飛ばしてりゃ後半間違いなくバテるだろと。
しかしながら、後半に入ってもちっともプレスが甘くならない。
それどころか前半よりもっとスゴイじゃありませんか。
もう、本当にどんな鍛え方してるのかと思いました。
僕のような人間は彼らの爪の垢でも飲んでろって感じでございます。

まあ、何にせよ日本サッカーのフューチャー的に野洲の勝利は大きい。
野洲のサッカーをジーコジャパンに重ね合わせた方も多いのでは。
少なくとも自分は今日の決勝見て、更に「ジーコジャパンはイケる」
的な思いが強くなりました。

そんなわけで新しい時代の到来を予感させてくれる試合でした。

クリックにご協力ください
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://footsoldier.blog3.fc2.com/tb.php/349-f40f08b8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。