スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W杯抽選の行方 

W杯に出場する32国も決まり、いよいよな雰囲気でありますが。

12月9日には組み合わせ抽選会も行われます。
抽選方法は多分従来同様、ポット方式がとられるでしょう。
多分こんな感じになると思います。

第1ポット(開催国&シード国)
ドイツ
ブラジル
イタリア
フランス
メキシコ
アルゼンチン
スペイン
イングランド
第2ポット(上記以外の欧州出場国)
オランダ
チェコ
スウェーデン
ポルトガル
クロアチア
セルビアモンテネグロ
ポーランド
スイス
第3ポット(上記以外の欧州国(ウクライナ)&アジア&北中米)
ウクライナ
日本
イラン
サウジアラビア
韓国
アメリカ
コスタリカ
トリニーダ・トバゴ
第4ポット(南米&アフリカ&オセアニア)
パラグアイ
エクアドル
アンゴラ
チュニジア
コートジボワール
ガーナ
トーゴ
オーストラリア


ちょっとウクライナの位置が自信ないですけど。
ここから1ポット1ヶ国ずつA~Hの8グループに振り分ける感じ。
ちなみに同一大陸が同じグループに入るのは不可です。
例外的に欧州は参加国が多いので2ヶ国まで認められます。

とりあえず、こうして見てみるとやっぱ厳しいねぇ。
ドイツ(開催国)と同じグループに入るのがベターなのかな。
どのみちシードと当たるのは避けられないですからね。
まぁどんな組に入ろうとも前向きにいきましょう。
とか言いつつ

アルゼンチン、オランダ、日本、コートジボワール

みたいな組み合わせになったら多分僕は寝込みますけど。
ゴンちゃん頼むよ。

20世紀ワールドカップヒーローズ
20世紀ワールドカップヒーローズ

クリックにご協力ください
スポンサーサイト

コメント

確かにウクライナが微妙だけど、第3ポットに欧州のチームが入ってしまうよな!
第1ポットはどこも強いから仕方ないけど、第2はオランダ、チェコ、スウェーデン、ポルトガルでないことを祈るしかないな!

第1ポットより第2ポットにどこが入ってくるかによって突破の可能性が大きく変わってくるよね。
正直、第2ポットの国とはどことも当たりたくない。まだジダンのいないフランスとかスペインの方が第2ポットの国より楽だと思われます。
ちなみに第4ポットで絶対当たりたくないのはパラグアイ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://footsoldier.blog3.fc2.com/tb.php/314-7d7e0343

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。