スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色彩感覚 

突然ですが、今日は偉そうに色彩の話をしてみます。

弟が最近、服のコーディネートを相談してくるのです。
まあ、組み合わせ方とかもそうなんですが、シックリ来ないと。
色の合わせ方は変じゃないのに、着てみたら何か変だと。
こういう人は結構多いんじゃないでしょうか。

で、この場合、おかしなのは色の組み合わせではないんです。
服装と自分の色彩がマッチしていないってことなんです。
当たり前なんですが、その人に似合う色調ってのがあります。
で、それを見分ける方法があるのです。

人間に限らず、色を持つものは全て2種類に分けることが出来ます。
全ての色は(基本的に)ブルーベースイエローベースに分かれます。
そうなんです、赤だろうと黒だろうとこの2つにカテゴライズ出来ます。
理由は知りません、とにかく分けれるんだよ!
いまいちピンとこないでしょうから、ザッと分けてみました。

ブルーベース


イエローベース


こんな感じで、ブルーベースはシャープでヴィヴィッドな感じ。
イエローベースはナチュラルな感じに大別出来ます。
同じ黄色でもレモンイエローはブルーベースだったりします。
白も真っ白はブルー、オフホワイトはイエローってな具合に。

だから自分に似合う色を探すときは、まず自分のベースを知ることが必要です。
で、そのベースと同じ色を合わせていけば良いわけであります。
これは化粧とか髪の色とかデザインとかにも当てはまります。
ベースカラーは肌、唇、髪の色などを見て総合的に判断します。

ちなみに自分はブルーベースです。
だから茶、カーキ、ベージュ系の服はあまり買いません。
好きな色ばかりですが、似合わないの分かってるので買いません。
もちろん例外はありますが、大抵当てはまります。
違うベースの色同士の組み合わせ自体は普通なんですけどね。
先日買ったターコイズのカットソーも見事に微妙でした。
結局、自分の好きな色が似合う色とは限らないということです。
でもそんなの気にしながら服選んでも楽しくないですから。
バランス考えながら自分と違うベースカラーを取り入れるのが良い。

知らなかった方は参考にしてください(あくまで参考)。
色彩コーディネート検定(3級)所持者の豆知識です・・・。
知らない間に嘘を書いている可能性もあります。

クリックにご協力ください
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://footsoldier.blog3.fc2.com/tb.php/280-ed872819

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。