スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイ・ボディガード 

マイ・ボディガード
マイ・ボディガード プレミアム・エディション


結構おもしろいし、引き込まれるしグッと来る映画ではあります。
でも、主演二人の素晴らしい表現力で助かってる部分も結構ある。
トニースコットの映画は、いつも今ひとつ何かが足りない。
映画の見せ方は上手いし、結構好きではあるんだけどねぇ。
今回もいまいちストーリーに詰めの甘さが見られたというか。

ちょっとテンポ速すぎ(ダコタが殺されて、ワシントンが修羅になるだけの絆が描き切れてない)かなって気がするし、ワシントンの苦悩に満ちた過去を掘り下げるシーンがほとんど無いので、いまいち感情移入し切れない。どんな過去を歩んできたかは、彼の復讐シーンからある程度イメージ出来るんだけど、そこは具体的に見せておかないとダメな様な気もする。気がするだけやけど。

そんな感じでした。
つーかワシントン格好良すぎやな。

クリックにご協力ください
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://footsoldier.blog3.fc2.com/tb.php/230-4ca024f6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。