スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラコン×クリス 

何やらトランスコンチネンツとクリスヴァンアッシュが契約。
共同で新しいブランドを発表するそうです。

tckva.jpg
《秋からTaylor design》

トランスコンチネンツ×クリス・ヴァン・アッシュによる
新ブランド誕生!!

テイラー デザインは美意識持った大人の服として、
自分とその周りにいる人まで心地良くさせるような
服をめざす。
ブランド名も上質なテーラー(仕立て)と
マスキュリン(男っぽい)という二つの意味、
インターナショナルなサウンド(響き)
などの要素からイメージした。
ターゲットは「リアル・イン・リアルライフ」で年齢に関係なく、
センス良くカジュアルを着こなす人、
着こなしたい人に向ける。


トラコンとクリスかー。
トラコンは近年、野口やスースーとコラボったり動きが派手やねぇ。
とりあえず楽しみではあります。


[関連サイト]
Trans Continents(トランスコンチネンツ)
KRIS VAN ASSCHE(クリスヴァンアッシュ)
クリックにご協力ください
スポンサーサイト

スクール・オブ・ロック 

スクール・オブ・ロック
スクール・オブ・ロック

なんていうか

「ダメなとこいっぱいあんのに、ウチ、やっぱアンタのこと嫌いになれへん・・・」

突っ込みどころ満載ですが、何故か憎めない映画であります。

クリックにご協力ください

いらっしゃいませご主人様 

メイド喫茶に行ってまいりました。
富山県初のメイドカフェ、だそうです。

メイドよりお客さんの方がかわいかったです。
キモイ男達がウヨウヨいました。
メイドとプリクラ撮る時にポーズ指定までしてる奴らがいました。
猫ニャンニャンやら人差し指をホッペにプニッとやら・・・。

「オラ、こんなキメェ奴ら、はじめてだ・・・」

残念ながらワクワクはしませんでした。
ワクワクどころか一刻も早く店外に出たい衝動に駆られました。
サイヤ人失格です。

僕もなかなかのキモさですが、ジャンルが違います。

写メも撮りたかったのですが、店内の撮影は禁止のようです。
meido.jpg

これが精一杯でした(恥ずかしくて)

ちなみに冷やかしで行ったのがバレバレだったようです。
帰り「行ってらっしゃいませ、ご主人様」って言ってくれんかったし。

「冷やかしに言ったつもりが、いつの間にかハマッていた」
そんな展開も密かに期待していましたが、期待外れに終わりました。
メイドも店のノリも微妙に中途半端と言いますか。
閉鎖的な我が故郷には"まだ早すぎる"との判断でしょうか。

後に残るのは恥ずかしさとキモメンの笑顔。

クリックにご協力ください

ボッテガ 


BOTTEGA VENETA メッシュ 長財布
aw1.jpg


この財布欲しいんですけどねぇ・・・。
金具がゴールドってとこがねぇ・・・。
買おうかどうしようか・・・。
ってモタモタ悩んでいる間に売り切れ・・・。

クリックにご協力ください

軽くヘコむことがあったので八つ当たりしますけど 

もうね、朝から晩まで堀江ホリエほりえhorieHORIE。

悪いことしたのは分かったからさー。
ここぞとばかりに叩き過ぎなんだよー。
40畳のリビングから3畳半の独房へ!とかさー。
大きさまで何か比較しちゃってさー。
どうでもいいっつーの。

多分、多くの人は堀江よりもマスコミに不快感もってますよー。
最低限のモラルとかさー自分達のこと棚にあげてさー。
よく言うよねー。
本当に大事なことはロクに報道してくれんしさー。
プロバガンダ的な都合とか色々あるんかもしれんけどさー。

とりあえずもうイライラするんですよねー。
ならテレビ見なきゃいいじゃんって思うんですけどねー。
こちとら牛肉のアレとかも気になるんでねー。

まあ、とにかくいつにも増してメディアがウザいです。
しょうがないので『ワンダと巨像』の続きをします。

クリックにご協力ください

06-07 F/W ミラノメンズコレクション  

バーバリープローサムの
0607m1.jpg



グッチの
0607m2.jpg

の2つが特に印象に残ったであります。

プローサムの方、これめっちゃカッコイイ。
小物使いが、なんつーかもうアレでナニよね。
というか全身キマりすぎでタマらんですよね。
このベルトとニットキャップ欲しいでごわす。

グッチの方は、色使いが好きです。
このチェックシャツ良いなー。
グッチは何か雰囲気というかGROOVEが変わりましたよね。
気のせいかもしれませんが・・・。

クリックにご協力ください

MANじゃないよ 

greeng.jpg

greenのGジャンです。
やっと買ったどー。
MANの方はどうせ再販されても買えんので、レディースです。
ウエストのシェイプ具合が気になりますが良いです。
前開けてりゃ問題ないでしょ。

にしても、やっぱカッコエエね、うん。
春になったら古着と合わせたいと思いマス。

クリックにご協力ください

DISC REVIEW #042 

Definitely Maybe / Oasis
20050214235343.jpg



青春の思い出シリーズはじめます。
というわけでしばらくベタなセレクトが続くと思われます。

僕が生まれて初めて買った洋楽アルバムです。
もう10年近く前になるのでしょうか。
ちょうど『Morning Glory』が売れまくってた時ですね。
でもコッチのが全然良いと思うんですけどねぇ。
まあ、どっちにせよオアシスは2枚目まででしたが・・・。

『Supersonic』は未だに聴きます。
ごっつテンション上がるわぁ。

公式HP:oasis
クリックにご協力ください

半世紀ぶり 

今日、郵便局に行くとおばあちゃんに声をかけられました。


『アンタを50年前から知ってる。アタシの初恋の人や』


やっと会えたね。

uefa.com ベストイレブン 

uefa.comで2005年のベストイレブンが発表されました。

GK
チェフ(チェルシー)
DF
ジョン・テリー(チェルシー)
プジョル(バルセロナ)
マルディーニ(ACミラン)
カフー(ACミラン)
MF
ルイス・ガルシア(リバプール)
ジェラード(リバプール)
ネドベド(ユベントス)
ロナウジーニョ(バルセロナ)
FW
シェフチェンコ(ACミラン)
エトー(バルセロナ)

監督 モウリーニョ(チェルシー)


まあ、大体順当だとは思うんですけどね。
ガルシア、カフー、ネドベド辺りはどうなんでしょう。
ガルシアはCL獲ったアレで良いにしてもね。
個人的にはキャラガー(リバプール)が良かったです。
後、ランパード(チェルシー)入ってないのは悲しい。
投票数が150万超だったらしいので票が割れるのは仕方ないか。

UEFAチャンピオンズリーグ 2004/2005 リバプール 優勝への軌跡
UEFAチャンピオンズリーグ 2004/2005 リバプール 優勝への軌跡

クリックにご協力ください

チョコ 

choco.jpg

最近、何故か毎晩食べたくなります。
とてもおいしいであります。
そして食べると何だか"ホッ"とします。
何なのこのキモチ。

世界の加地さん 

加地とマグノアウベス、G大阪に移籍=Jリーグ

 J1のG大阪は13日、F東京のDF加地亮と大分のFWマグノアウベスが移籍したと発表した。リーグ初制覇に大きく貢献したJリーグ得点王(33得点)のアラウージョと16得点の大黒将志がチームから外れたが、18ゴールを挙げたマグノアウベスの加入で攻撃力の大幅なダウンは避けられそうだ。
 日本代表の加地は昨季リーグ戦で25試合に出場。攻撃力に比べて弱かった守りの強化が期待される。


ま、守りの強化・・・?

FIFAコンフェデレーションズカップ ドイツ2005 日本代表激闘の軌跡
FIFAコンフェデレーションズカップ ドイツ2005 日本代表激闘の軌跡

クリックにご協力ください

去年の買い納め 

jlsdenim.jpg

John Lawrence Sullivanのデニム。
去年の年末に買ったデニムです。
セールがかかって30%オフだったのでつい・・・。

サイドにラインが入ってるタイプです。
色もなかなか無い感じの青で気に入ってます。
しかも生デニムなので今年の流行的もバッチリです。

ちなみに春夏のサリバンは正直微妙かもしれないですねぇ。
今期が良かったから尚更そう思うのかもしれませんが。

クリックにご協力ください

高校サッカー 

yasu.jpg

いやはや良い決勝でした。
互いのチームコンセプト的にも絵になるというか。
安易な言い方をしてしまえば、システムvsクリエイティビリティというか。
それでいて最後は野洲が勝ってくれたんで言うことなしです。
あの決勝ゴールはもうたまんねぇ。
攻撃はもちろんのこと、野洲は守備もスゴイ良かったです。
プレスもそうなんですけど、何より引いた時の守り。
鹿実の猛攻を必死に耐え抜いた粘りといいますか。
野洲が繋ぐだけのチームだったら優勝は無かったと思います。
「気持ちで守る」とはこのことかと思い知らされました。

でも鹿実も流石に凄かったです。
正直、野洲が先制点決めた時に自分は野洲の優勝を確信してました。
ここまで鬼のようなプレスサッカーで無失点を続けてきた鹿実に
とって、先制点ほどメンタル的にもフィジカル的にもキツいもの
はないと思ったからであります。
しかも前半からあんだけ飛ばしてりゃ後半間違いなくバテるだろと。
しかしながら、後半に入ってもちっともプレスが甘くならない。
それどころか前半よりもっとスゴイじゃありませんか。
もう、本当にどんな鍛え方してるのかと思いました。
僕のような人間は彼らの爪の垢でも飲んでろって感じでございます。

まあ、何にせよ日本サッカーのフューチャー的に野洲の勝利は大きい。
野洲のサッカーをジーコジャパンに重ね合わせた方も多いのでは。
少なくとも自分は今日の決勝見て、更に「ジーコジャパンはイケる」
的な思いが強くなりました。

そんなわけで新しい時代の到来を予感させてくれる試合でした。

クリックにご協力ください

1周年 

今日でこのBLOGをはじめて1年になりました。

思い返すと中学生の頃から、かなりの数のサイトを作ってきました。

彼女が出来れば作り、別れたらひっそりと消し(これは3回ぐらい)

高校入学と同時に作り、卒業したらひっそりと消し

上京したと同時に作り、ドロップアウトしたらひっそりと消し

なんとなく紹介したいものがあるから作り

なんとなく飽きたので消したり

ちなみに生まれてはじめてのサイトは"ポケモン"のサイトでした。

男子中学生なんて、この世で最も恥ずかしい人種なんで許して下さい。

そんなこんなで多分10個以上サイトを変えてきた僕ですが。

何故かこのBLOGは続いています。

1年続いたサイトというのは、僕の人生では初めてです。

きっと更新が楽だからでしょうね。

というわけで、出来ればそろそろ腰を据えたいと思います。

これからも宜しくお願いいたします。

2005年のお気に入りアルバム5枚 

Lonely Dayさんに影響されてウチでもやってみます。
パクッてすいません(タイトルまで拝借しました)。
しかも今年はほとんどCD買ってないので5枚ということで・・・。

Lust
Rei Harakami
B00092QQOS
2005年は何といっても、まずこの方の新譜でしょう。
前作からどれだけ待ち焦がれたことかわかりません。
そして期待を遥かに上回る素晴らしさでした。
『JOY』最高過ぎるであります。

Set Yourself On Fire
Stars
B00061F8M8
Lonely Dayさんとカブッてます。
Broken Social Scene繋がりで知ったバンドです。
というかこれをフェイバリットに挙げてるの見て、
この記事書こうと思った次第であります。
Emiriさんも書かれてますが『Calendar Girl』は本当に素敵です。

Azure Vista
Manual
azure.jpg
夏辺りによく聴きました。
エレクトロニカ+シューゲイザーでギュンギュンキラキラです。
マイブラとニューオーダーを足して割ったような感じ。

No Wow
The Kills
B00078XKDE
いわゆるUKガレージデュオ。
自分どうにもUKガレージバンドに魅力を感じない(US派)
のですが、コイツらからはUSガレージの匂いがします。
というかホワイトストライプスに似てるからでしょうか。
後、ジャケがイカすね。

Plat du Jour
Matthew Herbert
B00080CPM8
最後はハーバート先生の新譜です。
Bodily Functionsとは違う感じですが、なかなか良いです。
『食』がテーマらしく、聴いたことのないサウンド満載であります。
ノリ的にはキッチンを舞台にしたミュージカルっぽい感じ。


こんな感じでしょうか。
去年はほんとに20枚ぐらいしか買ってないんでねぇ。
ただ、例年より念入りに視聴したのでハズれは少なかったんですけど。
今年はもっと減りそうな勢いであります。

クリックにご協力ください

古畑任三郎 

furuhata.jpg

さあ、そろそろ始まりますぞ。


警部補 古畑任三郎 1st DVD-BOX
田村正和 三谷幸喜 西村雅彦
B00009V8IV
古畑任三郎 2nd season DVD-BOX
田村正和
B0001FM1E2
古畑任三郎 3rd season DVD-BOX
田村正和 田村正和 三谷幸喜
B0002IE2GI
クリックにご協力ください

なんとなく 




なんとなく欲しいよね、なんとなくね。

これ穿いてイキなオナゴに毒キノコっぷりをアピールしたいですね。
男「フフ、中はもっと凄いんだよハニー」
女「き、気になるワ・・・(ゴクリ)」
ってネ。てネって。
クリックにご協力ください

BRAZILIAN PING PONG 

BRAZILIAN PING PONG

昨日のやべっちFCを見逃したフットボールファンのために。
こんなこと出来るのは現役じゃコイツと高原ぐらいです(スイマセン)。

つかこれマジで合成じゃないんですかね。
やべっちでも本人が合成説を否定してましたが・・・。
ただ合成だと言いきれない、ロナウジーニョならやりかねない。
そう思わせてしまうところが彼の凄いとこです。
本物か偽者か考えながらみるより、その方が楽しいじゃないですか。


ワールド イレブン シリーズ1-ピッチ上の魔術師-ロナウジーニョ/サビオラ&アイマール
ワールド イレブン シリーズ1-ピッチ上の魔術師-ロナウジーニョ/サビオラ&アイマール

クリックにご協力ください

明けまして 

おめでとうございます。

新年早々、年末のツケがやってきて体調不良です。
毎年言ってるような気がしますね。

昨晩は数年ぶりの快晴での年越しとなり、自ずとテンションも上がり
「今年の俺はロックに生きるぜ!」
なんて言いながら
hny.jpg

こんな格好で初詣に行きました。
ちなみにあまりに寒くて本気で気絶しかけました。
が、なかなか好評だったので良かったんじゃないでしょうか。
・・・Diorのコレクションそのまま真似しただけなんですけどね。

そんなわけで今年も宜しくお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。